会社概要

沿革History

昭和23年5月 大阪市住之江区において、機械加工を主として齋藤嘉八が個人経営にて創業。
昭和28年3月(株)栗本鐵工所と取引を開始、鋳鋼製品及び設備関係の機械加工を行う。
昭和30年4月 (株)栗本鐵工所製、水道用バルブ開閉装置の製作を開始する。
昭和32年7月 組織を有限会社に改組し、創業者齋藤嘉八が初代社長に就任。
昭和37年10月 (株)栗本鐵工所製、製鉄所向け熱風炉附属弁類用全自動AC型電動式開閉装置、及び水道用バタフライ弁の製作を開始する。
昭和40年4月 (株)栗本鐵工所製、上下水道用制水扉の製作を開始する。
昭和43年2月 組織を株式会社に改組する。
兵庫県佐用郡佐用町に佐用工場を建設し生産の増強を図る。
昭和48年2月 事業拡大に伴い、佐用工場を佐用郡南光町に移転し、増産操業を図る。
佐用工場に営業部を設置し、各種水門及び関連設備等、製造販売を開始する。
昭和48年6月 佐用工場に製缶工場を増設する。
昭和52年4月 本社に営業部門を設置し、各種水門及び関連設備等の、製造販売を開始する。
昭和54年9月 広島営業所を広島県三次市に開設する。
昭和55年10月 姫路営業所を兵庫県姫路市飾磨区に開設する。
佐用工場での営業業務は姫路支店が継承する。
昭和56年12月 兵庫県佐用郡上月町に播州工場(第1期工事・製缶)を建設完成する。
佐用工場から播州工場へ鉄構部門を移動さす。
兵庫県佐用郡上月町に播州支店を開設する。
昭和59年6月姫路営業所を支店とし、播州支店を廃止、営業業務を姫路支店に統合する。
昭和59年11月 播州工場内に、機械工場(第2期工事・機械)を建設完成し、生産合理化を図る。佐用工場を閉鎖する。
昭和60年1月 齋藤昇取締役社長に就任する。
昭和60年6月 広島営業所を閉鎖し、営業業務は姫路支店が継承する。
昭和62年11月 播州工場が社団法人日本水道協会検査工場としての認定を取得。
登録番号 第Q-29号
昭和63年2月 岡山県岡山市に岡山営業所を開設する。
平成11年1月 福岡営業所を福岡県糟屋郡宇美町に開設する。
平成12年11月 姫路支店を姫路市北条宮の町に移転する。
平成15年1月 資本金5,475万円に増資する。
平成15年10月 播州工場が ISO 9001 を認証取得する。
平成16年10月 福岡営業所を閉鎖する。
平成17年1月 兵庫西営業所を開設し、岡山営業所を閉鎖する。
平成17年8月 神戸営業所を開設する。
平成20年5月 神戸営業所を閉鎖する。
平成20年5月 岡山営業所を岡山県英田郡に開設し、兵庫西営業所を閉鎖する。
平成23年1月 本社/大阪工場・姫路支店・岡山営業所が ISO 9001 を認証取得する。
平成23年10月 和歌山営業所を和歌山市に開設する。
平成27年10月 岡山営業所を閉鎖する。
このページの先頭にもどる